お風呂をよりリラックス空間にするために

>

普段の家事を楽にして、長く使えるお風呂を造ろう

この記事をシェアする

家事を楽にするオプション

最近の浴槽はとても進化してきていて、何と、面倒な浴槽洗いが不要になる、浴室洗浄機能というオプションがついたものがあるそうです。
浴槽に洗浄ノズルがついており、そのノズルからお湯と洗剤が噴射され、スイッチ一つで簡単に浴槽を洗うことが出来るという機能で、忙しい主婦の味方になりそうですね。
その他にも、浴室の天敵ともいえる湿気の発生を抑えることが出来る浴室換気乾燥暖房機も、リフォームの際には必ず押さえておきたいオプションの一つではないでしょうか。これ一つで換気と乾燥、暖房ができるので、窓がない浴室も快適に過ごすことが出来ます。
また、残り湯利用システムといって、洗濯機のホースを使わなくてもスイッチ一つで残り湯選択ができる機能もあります。
どのオプションも、家事の効率が上がりそうなものなので、生活スタイルと予算を考えて検討されてみてはいかがでしょうか。

将来を見据えたオプション

二世帯住宅であれば、浴室はそれぞれの家庭に一つずつあると便利ですよね。
しかし光熱費や生活スタイルを考えると、やはり一つのお風呂を共有したほうが使いやすいというご家庭も少なくないと思います。
そうなると、小さいお子さんからご高齢のご両親まで誰もが安心して入浴できる浴室にしたいと考えるのが自然の流れでしょう。
段差がなく、要所要所に手すりを取り付け、安全に配慮された浴室であれば、お子さんからご高齢のご両親まで誰もが使いやすいと思います。
また、介護が必要なご家族がいらっしゃれば、介護用のリフトや非常用のコールボタンもオプションとして選ぶことが出来ます。入浴介助は中々の肉体労働ですので、こうした機能がついていれば、お互いに安心して入浴ができるのではないでしょうか。